マウスピース矯正について紹介しているサイト

>

マウスピース矯正にも注意点がある

長時間の装着時間を確保する必要がある

マウスピースを使った矯正は自分で取外しが可能で、だからこそ清潔に保ちやすいというメリットがあるものの、取外しが簡単にできてしまう為に装着時間が中途半端になったり装着をやめてしまうことがあります。
歯科矯正に時間がかかるのは、歯を希望の位置に少しづつづらしていきながら、その位置に固定する時間が必要だからです。
なので、付けたり外したりが頻繁であったり、あまり長時間の装着をしない日が続いてしまうと本来の矯正が終わる期間内に終わらないこともあり得ますし、思うような効果が得られない可能性があります。

1日の中でブラッシングの時を含めいつ自分がマウスピースを装着したり外すことがあるのか把握して、なるべく長い時間装着するようにする必要があります。

食事できるが付け外しが都度必要な場合も

マウスピース矯正をすると、自分の歯でそれまで通り食事やコーヒーなどを楽しむことはできるので、ワイヤー矯正と違って食事中の違和感が無いという点ではメリットです。
しかし、マウスピースを装着した状態での飲食はあまり推奨されておらず、できれば飲食の都度マウスピースを外して食べたり飲んだりをするのが理想とされています。

マウスピースは自分の歯に合わせて作られ密着度も高いものではありますが、やはりはめ込みタイプの装着物であるためそのまま飲食すれば水分や食べカスが隙間から入り込んでしまうことは多く、そのまま長時間過ごしてしまうと虫歯の原因になることもありますし、見た目にも良くありません。

マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べて手入れしやすく清潔に矯正期間を過ごしやすいのがメリットですが、やはり普段のケアの仕方にかかっています。


この記事をシェアする